取引所

【簡単解説】Coinbase(コインベース)のメリット・デメリットから口座開設方法まで

・Coinbaseってどんな取引所?
・海外の取引所って危なくない?

こんにちは!ムテペト(@PetoLog_)です。

今回は世界最大級の取引所「Coinbase」について、特徴から口座開設まで紹介していきます。

>>Coinbase公式

自分が実際に、口座を作った感想も踏まえて記事にしています。

記事の内容

・Coinbaseとは
・Coinbaseメリット・デメリット
・Coinbase口座開設手順

Coinbaseとは

Coinbaseの概要はこちら

銘柄数 30種類以上(国内5銘柄)
最小取引単位 0.00000001 BTC
取引手数料 全銘柄一律1.99%
レバレッジ なし
デバイス パソコン◯ スマホ◯

Coinbase(コインベース)は2012年に、アメリカのサンフランシスコで創業された仮想通貨取引所です。

2021年4月にNASDAQ仮想通貨取引所で初めて上場し、注目を集めました。

世界中へ広がりを見せていて、現在100ヶ国以上の国で仮想通貨の取引が可能になっています。

日本にも法人をもっており、Coinbase株式会社が東京都に拠点を持っています。

日本で取引可能な通貨

・BTC (ビットコイン)
・ETH (イーサリアム)
・BCH (ビットコインキャッシュ)
・XLM (ステラルーメン)
・LTC (ライトコイン)

Coinbaseメリット

Coinbaseをその他の取引所と比べた場合の特徴はこちら

  • 圧倒的な利用者数
  • セキュリティの高さ
  • 三菱UFJと提携

圧倒的な利用者数

Coinbaseは世界中で利用されているので、ユーザー数がとても多い。

国内でダウンロード数No1のCoincheckが約250万人に対し、Coinbaseは約7500万人のユーザーが使用しています。

仮想通貨に参入するときには、信頼性などを重視して見ている方もいますよね。ユーザー数は信頼性と捉えることもできます。

Coinbaseはアプリの使いやすさも有名なので、初めて仮想通貨を取引する際も困りません。

それでも海外より国内のほうが安心だなと思う方はCoincheckがおすすめ。

Coincheckが国内で1番使われる理由とは!メリット・デメリット、登録方法を解説 今回は、Coincheckの評判(メリット・デメリット)と登録方法について解説していきます。 Coincheckはただ有名...

セキュリティの高さ

創業以来Coinbaseは一度もハッキングをされていません

ユーザー数が増えているのは、この安全性も大きく関わっているのでしょう。

24時間体制でシステムを管理していたり、ログイン時などは2段階認証にすることで、セキュリティが高くなっています。

資金の95%以上をコールドウォレットで保管していて、本当に徹底しています。

コールドウォレットについては、こちらのLedger Nanoの使い方で説明してますのでぜひ。

【初心者必見】NFTの安全な保管方法「Ledger Nano」の使用手順 こんにちは!NFTを買ってDAOに参加したりわちゃわちゃしてるムテペト(@PetoLog_)です。 今回は仮想通貨やNFT...

三菱UFJと提携

Coinbaseは日本進出において、メガバンクの三菱UFJと提携を組みました。

そのため三菱UFJの口座を持っている方は、インターネットバンキングから、スマホひとつで入出金ができます

Coinbaseは三菱UFJファイナンシャルグループ(MUFG)から、約10億円の出資を受けていたりもしています。

なので、メガバンクと決済パートナーというだけでも信頼して取引ができると思います。

>>Coinbase公式

Coinbaseデメリット

続いてCoinbaseにはメリットだけでなく、すこし気になるデメリットもあります。

  • 扱える取引銘柄は少ない
  • その他のサービスがない

扱える取引銘柄は少ない

Coinbaseには100種類以上の通貨が登録されていますが、日本円で買えるのは5銘柄だけです。

銘柄数だけで見ると、国内のCoincheckでは20種類以上が日本円で購入可能になっています。

☆現在キャンペーン中
条件:口座開設から72時間以内の入金

>>Coincheckで口座開設

Coincheckが国内で1番使われる理由とは!メリット・デメリット、登録方法を解説 今回は、Coincheckの評判(メリット・デメリット)と登録方法について解説していきます。 Coincheckはただ有名...

その他のサービスがない

Coinbaseは仮想通貨の取引以外のサービスは開始されていません

今後の展開として、NFTのマーケットプレイスの開始クレジットカード決済の導入を計画しているようです。

その点、国内取引所のbitFlyerではビットコインが貯まるクレジットカードだったり、CoincheckではNFTマーケットプレイスなどその他のサービスが開始されていて、独自の特徴を持っています。

Coinbase口座開設手順

Coinbaseの口座開設は異常に早かったです。

この通りメール登録後、約40分で口座開設完了。

手順はこちら

  1. メールアドレス登録
  2. 本人確認
  3. 完了メール

メールアドレス登録

まずは、公式サイトへアクセスし、メールアドレスを入力

>>Coinbase公式

電話番号認証をして、確認事項にチェック

本人確認

続いて、本人確認情報の入力

QRコードをスマホで読み取り、本人確認書類を提出(免許証、パスポートなど)

完了メール

ここまでを終えると、約数時間で完了メールが届きます。(僕は1時間かかりませんでした)

これで準備完了です!

口座へ日本円を入金して仮想通貨投資を始められます!

まとめ

以上、Coinbaseのメリット・デメリットから始め方でした。

もう一度確認するとメリットは、

  • 圧倒的な利用者数
  • セキュリティの高さ
  • 三菱UFJと提携

デメリットは、

  • 扱える取引銘柄は少ない
  • その他のサービスがない

デメリット部分だけを見れば、国内取引所がよかったですね。

開設手順はたったの3つ!

これであなたも仮想通貨投資を始められます。

NFTゲームなどを始めたい人は、この口座開設がひとつのハードルとなっているでしょう。

そこを乗り越え、自分で行動できた人が利益を得られる!

チャンスを逃さぬよう情報を追っていきましょう。

ではまたっ!

国内取引所の情報はこちら

Coincheckが国内で1番使われる理由とは!メリット・デメリット、登録方法を解説 今回は、Coincheckの評判(メリット・デメリット)と登録方法について解説していきます。 Coincheckはただ有名...