NFT

【NFTの買い方】Open Sea(オープンシー)とは?始め方・購入方法を解説

・NFTの購入方法知りたい
・なぜみんなOpen Seaで買うの?

こんにちは!ムテペト(@PetoLog_)です。

今回は、NFTの買い方を世界最大のNFTマーケットプレイス「Open sea」を例に解説していきます。

Open seaならNFTアートだけでなく、土地NFTや音楽NFTも購入できます。

>>おすすめの土地NFT5選とその買い方

記事の内容

・Open Seaとは?特徴、選ばれる理由
・Open SeaでNFTを買う手順

コインチェック

\\NFTを買うなら、まずはETHを購入//

Open Seaとは?特徴、選ばれる理由

NFTを買う時になぜOpen Seaが選ばれているのか

Open Seaの特徴はこちら

  • 世界最大のマーケットプレイス
  • 複数のチェーンに対応
  • NFTの作成、販売が簡単

世界最大のマーケットプレイス

Open Seaは世界最大規模のマーケットプレイスです。

2017年12月にサービスが開始され、2021年に爆発的に広がりました。

2021年8月は月間流通額が約3,650億円にまでなり、7月の330億円に対して10倍以上も拡大

参考までに、メルカリの年間の流通額は約8000億円です。Open Seaは1ヶ月でその半分近くも取引されていました。

これだけでも、今NFTが広がり始めていることは明らかですね。

複数の対応チェーン

Open Seaでは、イーサリアム(ETH)がメインで使われています。

ですがETHはガス代(手数料)が高いことが有名で、その他のチェーンを使いたい方がたくさんいます。

そんな方でも利用できるようOpen Seaは、Polygonなどガス代の安いチェーンにも対応してきています。

対応チェーンがこちら

  • ETH(イーサリアム)
  • MATIC(マティック)
  • Klaytn(クレイトン)
  • Tezos(テゾス)
  • Solana(ソラナ)

オークションなどでは何度もトランザクション(注文)されるため、PolygonチェーンのETHが使われています。

NFTの作成、販売が簡単

Open Seaは誰でも簡単に、NFTを販売できることが使われる理由のひとつでしょう。

簡単にNFTを作れるので、出品されている数がものすごくあります。中には真似しただけの作品もありますが、、

自分でNFTを売ってみると、NFTを買うときの選ぶ基準としていい経験ができますよ。

Open Seaで販売されているNFT

  • デジタルアート
  • ゲームアセット
  • トレーディングカード
  • デジタルミュージック
  • プロックチェーンドメイン
  • ユーティリティトークン

おまけ:その他のマーケット

NFTを買えるサイトはOpen Seaだけではないので、その他のマーケットプレイスを載せておきます。

Open SeaでNFTを買う手順

Open SeaでNFTを購入する手順はこちら

  1. 取引所でETHを購入
  2. MetaMaskへ送金
  3. Open SeaでNFTを購入

取引所でETHを購入

NFTを購入するには仮想通貨が必要になります

Open SeaではETH(イーサリアム)が最も使われているため、国内の取引所でETHを購入してください。

コインチェック

口座開設から、ETHの購入方法はこちらの「Coincheckで口座開設する手順」をチェック

Coincheckが国内で1番使われる理由とは!メリット・デメリット、登録方法を解説 今回は、Coincheckの評判(メリット・デメリット)と登録方法について解説していきます。 Coincheckはただ有名...

MetaMaskへ送金

取引所でETHの購入をしたら、NFTを買うためのウォレット「MetaMask」へ送金します。

ウォレットをまだ持っていない方は、こちらの「MetaMaskの作成方法」という記事を参考にどうぞ

【簡単解説】メタマスクのウォレット作成方法とメリット・デメリットこんにちは!ムテペト(@PetoLog_)です。 今回はこんな悩みを持っている方に向けて、MetaMaskを紹介していきま...

Coincheckで購入したETHを送金する時は、Coincheckの公式WEBサイトへアクセスする必要があります。

アクセスできたら「暗号資産の送金」から、宛先にMetaMaskのアドレスを入力して送金してください。

Open SeaでNFTを購入

送金ができたらOpen Seaへアクセス。

MetaMaskを接続して、好みのNFTを探しましょう。

Price」はすぐに購入可能ですが、「Top Bid」はオークション中の作品になります。

気になるNFTを選び、「Buy now」をクリック

MetaMaskでガス代を含めた金額が表示されるので、そこで購入を承諾して完了。

以上がOpen SeaでNFTを購入する方法になります。

まとめ

NFTを始めて買う時は少しハードルがありますよね。

今回はそんな方へ向けて、Open SeaでNFTを買う準備から手順まで記事にしてみました。

購入したNFTは盗まれないように、ハードウェアウォレットに入れておきましょう

ではまたっ!

【初心者必見】NFTの安全な保管方法「Ledger Nano」の使用手順 こんにちは!NFTを買ってDAOに参加したりわちゃわちゃしてるムテペト(@PetoLog_)です。 今回は仮想通貨やNFT...